ルイボスティー 母乳

母乳が出やすくなるのはウソ?

 

 

妊活や冷え・むくみの改善・アンチエイジング・便秘解消と、いろいろな効果があるルイボスティー。
ルイボスティーはノンカフェインでもあるので、授乳中でも飲める飲み物ですよね。

 

 

ルイボスティーって母乳の出も良くなるの?

 

結論から言えばNO!!

 

でも、母乳に影響を与えるというのは事実なんです。
母乳の出を良くするというより、質を良くする効果があるのです。

 

 

ノンカフェインであるルイボスティーは、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・リンなどのミネラルが多く含まれており、母乳の質を高める効果があります。

 

母乳はママの食べたものがそのまま母乳に出ると言われていますよね。
授乳中は脂っこいものを控えたり、甘いものを控えたりと食べ物に気を配る必要があります。

 

特に乳腺炎などを起こしやすいママは、常に気を配っていることでしょう。

 

乳腺炎などでおっぱいトラブルが多いママは、母乳の質を高め、母乳をサラサラにすることが良いとされていますので、
ルイボスティーで水分を補給し、母乳の質を高めることをおすすめします。

 

 

 

なぜおっぱいは詰まるの?

 

おっぱいが詰まるのには、いくつか理由があります。

 

・乳腺が細い

 

・高カロリーな食事が多い

 

・ストレスを溜めやすい

 

・下着や姿勢の悪さによる胸部圧迫

 

・母乳の飲み残しがある

 

・添い乳などで片方ばかり飲ませて、回数にばらつきがある

 

以上のようなことがあげられます。

 

 

特に食事の面に関しては制限がかかりすぎてストレスになってしまうママも多いのではないでしょうか。

 

脂っこいものを控えていても、やっぱり食べたいときはあるものです。

 

 

先ほど挙げたように、ルイボスティーは母乳の質を高め、サラサラにしてくれる効果がありますので、
詰まりを防止する働きもあります。

 

脂っこいものを食べた後は、ルイボスティーをいつもより多めに飲むなどして
詰まりを予防するのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

【母乳にいい飲み物 人気ランキング】はこちら

 

 

 

 

 



 
トップページ お問い合わせ プライバシーポリシー