母乳 張らない

胸が張らない=母乳が出てない?!

 

いつも授乳中に胸が張ったり、
授乳と授乳の間隔が空いたら
胸が張っていたんですが…。

 

ここ数日ぐらいから急に胸が張らなくなってきたんです…。


 

 

あら…。

 

赤ちゃんの様子はどう?

 

授乳した後に機嫌が悪くなったりしてない?


 

 

それが…。

 

数日前までは授乳した後はニコニコしてたんですけど…

 

胸が張らなくなってからは
子どもが授乳後すぐに泣いちゃって…。


 

母乳が足りてないのかな?と思って
ミルクをあげるとゴクゴク飲んで機嫌が良くなるんです…。

 

旦那もミルクあげているのを見て、
「もう母乳出なくなっちゃったの?」って言われて悲しくて…。


 

 

う〜ん…。

 

それは「母乳が足りていない証拠」だね。

 

胸が張らなくなったのは
母乳量が少なくなってきているからだよ!


 

 

そんな…。

 

一度母乳の量が少なくなってきたら
母乳の量を増やすことってできないんでしょうか…?


 

 

大丈夫!!

 

胸が張らなくなって母乳量が減っても
母乳量を増やす方法があるのよ!!


 

 

え?!
そんな方法があるんですか?!

 

ぜひ教えてください!!


 

 

胸が張らなくなった私が50ml→105mlに母乳を増やせたたんぽぽ茶!

 

返金保証付きなので、損なくお試しできます!

 

ぜひ試してみてください。

 

 

返金保証付きは【公式サイト限定特典】です。
↓  ↓  ↓

たんぽぽ茶公式サイトこちら

 

 

 

授乳しているのに、胸が張らなくなってきた。

もしかして…母乳出ていないの?

 

と不安になるママも少なくありません。



今まで胸が張っていたのに、
急に張らなくなる場合もあります。


これもまた母乳が出なくなったのか不安になりますよね。

 

胸の張りと母乳量の関係について
詳しくまとめましたので、
ぜひ参考にしてくださいね!

 

胸が張らない=母乳量が減っているサインである

母乳の量が減ってきたサインのひとつに
胸が張らなくなったという症状があります。


 

胸が張らなくなったというサインに気づきながら
なにも対策をしないと
どんどん母乳量が減っていくばかりです。

 

 

母乳量が減っていくとどんな弊害があると思いますか?

 

・授乳しても母乳が足りないので子どもが泣く

 

・子どもの体重の増えが悪くなり、健診で指摘される

 

・授乳の後にミルクを作る手間が増える

 

・ミルク代がかかり、家計を圧迫してしまう

 

・外出先でもミルクをあげることになり、荷物の量も増えてる

 

・「母乳出なくなったの?」と傷つく言葉を旦那や両親など身内から言われる

どれもあなたやお子さんにとって不利益なことばかりです。

 

 

あなたのためにも、赤ちゃんのためにも

 

絶対的に母乳量を復活させたほうがいいですよね?

 

 

以前のように胸が張ってくるようになり、
母乳の出がよくなるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

水分を摂らないと母乳が出なくなるってホント?!

 

よく授乳中は【水分をしっかり摂るように】と言われたことはないでしょうか?

 

 

母乳はママの血液から出来ています。

 

胸にある毛細血管に取り込まれた血液から
母乳は作られているのです。

 

 

母乳が作られるたびに
母体の水分量はどんどん減っていきます。

 

 

しかし、人の身体の60パーセントは水分でできているため
身体の水分量が60パーセントを切ると

 

身体がこれ以上水分量を減らさないようにと
母乳を作る量が減ってきてしまうのです。

 

 

赤ちゃんのお世話で忙しいからと水分摂取を後回しにすると
どんどん母乳の量は減っていく一方になります。

 

 

母乳量と水分摂取は大いに関係があるんですよ!!

 

授乳中は1日どのくらいの水分を飲めばいいの?

大人は尿や汗などで1日2リットルもの水分を身体から排出しています。

 

 

それに加え、授乳中のママは
赤ちゃんにあげる母乳の量だけ水分が必要になります。

 

 

母乳の約90パーセントは水分で出来ています。

 

赤ちゃんの体重1キロあたり約150mlの母乳を飲むと言われていますので、
6キロの赤ちゃんなら900ml、およそ1リットルもの水分が
ママの体から母乳になるのです。

 

 

普通に考えれば
1日に尿や汗などで排出される水分2リットル+母乳分1リットル

 

約3リットルもの水分を飲まなければならないということ。

 

 

しかし食事で摂る水分もありますので
授乳中は1日2リットル〜2.5リットルの水分を摂るべきだと言えます。

 

 

しかし!!!
ただ水分を摂れば母乳が出る!
というわけではないことをあなたは知っていますか?

 

 

水分が足りていても●●が足りていないと母乳は出ない!!

これはあまり知られていないんですが…。

 

母乳を増やすためには【鉄分】をしっかり摂る必要があるって
知っていましたか?


 

 

先ほどお話したように、
母乳はママの血液から作られます。

 

血液から母乳が作られるということは
母乳になり失った血液分を、さらに作らなければならないということ。

 

 

体の中で血液を造るときには
必ず【鉄分】が必要になってきます。

 

 

 

鉄分が体の中に不足していると
母乳の材料となる血液が不足し、

 

体の中の水分量が足りていても、
母乳の量が増えてこない!
ということになるのです。

 

 

授乳中に必要な1日の鉄分摂取量は7.5〜8mgと言われており、
ほうれん草で言うと1.5〜2束ということになります。

 

 

 

母乳量を増やすには
【水分】と【鉄分】

 

この2つを同時に摂取する必要があるということになります。

 

おっぱいマッサージで母乳が出るようになるって本当なの?

母乳の量が足りていない…と相談すると
必ずおっぱいマッサージについて言われることが多いです。

 

 

中でも桶谷式マッサージは母乳マッサージで有名なものです。

 

実際にマッサージで母乳が出るようになったのか
口コミを調べてみました。

 

胸が張らなくなり、母乳量が減ったので
母乳マッサージで有名な桶谷式に通うことにしました。

 

痛くないという口コミがあったので安心していたら
わたしには痛かった…

 

母乳量はそこそこ増えたけど、
子どもを連れて通うのはしんどかったです…。

 

桶谷式マッサージで母乳量が増えるというのは本当のようですが、
地域によっては通える範囲に開業している助産師さんが居ないこともあります。

 

 

また、金銭的な問題も大きいです。

 

 

母乳量を完全に復活させるには
最初の1週間は週に3回。

 

そのあとは1ヶ月間は週1ペース。

 

安定すれば3〜4週間に1回。

 

 

最低でも1ヶ月で7回は通わないといけません。

 

 

初診料が5,000円。

 

再診料が3,500円ですので

 

最低でも最初の1ヶ月で26,000円費用がかかります。

 

 

子育て世代の家計で
1ヶ月に26,000円も出費が増えるのはなかなか辛いですよね…。

 

 

鉄分豊富の食事に気をつければ母乳は出るようになる?

おっぱいマッサージは高いから、
水分をしっかり摂って、鉄分豊富な食事を摂ればOKなんじゃないの?

 

と思いませんでしたか?

 

 

まさにその通りなんです!!

 

1日に必要な水分量を摂りながら、
食事で鉄分を摂ればいいのですが…。

 

 

ほうれん草を1日に1.5束〜2束食べるなんて・・・無理ですよね?

 

鉄分豊富で栄養満点の食事を
毎食自分で準備することができますか?

 

 

 

……。

 

 

 

そうですよね…。

 

 

 

赤ちゃんのお世話が大変だし、
栄養満点の食事を作る時間があるなら
ちょっとでも寝たい!!っていうのが本音ではないでしょうか?

 

 

鉄分を補給するならサプリメントでよくない?
と思う人もいるでしょうが、実際はどうなんでしょうか?

 

 

ほとんどのサプリメントは添加物を多く含んでいます。

 

母乳はママの血液で作られますので、
添加物だらけの血液で母乳を作るということにもなりかねません。

 

 

自分の子どもには
なるべく安心安全なものを口にして欲しい!
と思う人の方が多いですよね?

 

それならば添加物が入っていないサプリメントを…
となると、今度は費用が高くなってきます…。

 

 

子育てでお金がかかってくるのに
サプリメントにお金をかけすぎるというのは
ナンセンスだと思いませんか?

 

 

 

もっと簡単に母乳の量を増やせる方法は?

 

安心安全に水分量と鉄分を補給するには?

 

とわがままな悩みを解決すべく
調べて行き着いたのが

 

 

胸が張らなくなったママたちが行なっていた
【たんぽぽ茶を飲む】という方法と出会ったのです^^

 

 

実際にわたしもたんぽぽ茶を飲むだけで
簡単に母乳の量を増やせました!!

 

 

なんと50ml→105ml
一気に母乳の量が元に戻ったんです!

 

なぜたんぽぽ茶が母乳にいいの?

たんぽぽって道端に咲いている観賞用の花だと思っていませんか?

 

実は!
たんぽぽは西洋では【ハーブ】、東洋では【漢方薬】として
昔から広く使われているものなのです!!

 

 

 

特にたんぽぽの根は漢方としてよく使用され、
乳汁分泌を促す特効薬として使用されています。

 

 

他にも

・血行の促進

 

・血液をサラサラにする

 

・ストレス発散

 

・リラックス効果

 

このような働きをしてくれるのがたんぽぽです^^

 

あんなに小さい花なのに
大きな効能があるなんてびっくりですよね!!

 

 

母乳の分泌を促す特効薬として使われているたんぽぽ。

 

 

このたんぽぽを身体に取り入れやすくしたものが
【たんぽぽ茶】なのです。

 

 

どんなたんぽぽ茶を選べばいいの?

 

たんぽぽ茶にもいろいろな種類があります。

 

まずたんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーの違いについて説明しますね。

 

 

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーは
どちらもたんぽぽの根が使用されています。

 

たんぽぽコーヒー⇒たんぽぽの根100%のもの

 

たんぽぽ茶⇒たんぽぽの根プラス黒豆などをブレンドしてあるもの

 

 

どちらもたんぽぽの根の効能を感じることができます。

 

 

 

実際に有名3社で飲み比べをしてみました。

■たんぽぽコーヒーで有名な森下薬農園のたんぽぽコーヒー

 

■飲みやすい!と評判のティーライフのたんぽぽ茶

 

■赤ちゃん本舗などで購入できる小川生薬の国産たんぽぽブレンド茶

 

 

 

この3つを飲み比べてみました。

 

 

まずはそれぞれのパックを出してみました。

 

森下薬農園・小川生薬はテトラ型。

 

ティーライフは平型となっていました。

 

 

それぞれの規定量のお湯を注ぎ、

(森下薬農園→200ml、小川生薬→140ml、ティーライフ→500ml)

 

比較のため、カップに大匙2杯ずつ入れてみました。

 

 

色の濃さは

森下薬農園 > 小川生薬 > ティーライフ

 

という結果になりました。

 

 

たんぽぽコーヒーはたんぽぽの根が100パーセント。

 

たんぽぽ茶はたんぽぽの根にブレンドしてあるので
このようにたんぽぽコーヒーが一番濃くなっているのでしょう。

 

 

次にこの3つを実際に飲み比べてみました。

 

 

 

たんぽぽコーヒーはブラックコーヒーに似ている!
と耳にしたことがありましたが…

 

 

たんぽぽコーヒーって苦い!!

 

っていうか…ブラックコーヒーと全然違うっ!!

(誰だ!ブラックコーヒーと同じだなんて言ったのは!!)

 

これは【薬】レベルで苦いから
毎日どころかコップ1杯飲むのも無理!!!


 

 

ブラックコーヒーを飲めるわたしでも
ひと口飲むのが限界でした…。

 

 

たんぽぽの根100%なので、
たんぽぽ茶よりはたんぽぽ含有量が多いですが、

 

正直毎日飲めるものではないですね…。

 

 

試しにミルクと砂糖を混ぜてみましたが、
頑張っても半分飲むのが限界…。

 

砂糖は摂取しすぎると乳腺炎を起こす可能性があるので
たんぽぽコーヒーを飲むために砂糖を加えるというのは
ナンセンスかな…と。

 

 

毎日飲むには酷な飲み物だとわたしは感じました。

 

 

 

 

小川生薬の国産たんぽぽブレンド茶は
たんぽぽコーヒーよりは飲みやすいけど…

 

後味に苦味が残るな、という感じ。

 

コップ1杯頑張って飲めたけど、
毎日飲むのはどうだろ?

 

毎日続けられるのか心配な味だな…。


 

 

たんぽぽ茶は母乳を増やすために
絶対飲まなきゃいけない薬だ!!!

 

と考えれば
小川生薬のたんぽぽ茶は飲めますね。

 

でも母乳をあげなくなったら
絶対に飲まないな…(失笑)

 

 

 

 

ティーライフのたんぽぽ茶って
「これ本当にたんぽぽ茶なの??」って感じ^^

 

 

前の2つと違って苦味もないし、
ブレンドしてある黒豆の香ばしい匂いがする♪

 

味は麦茶と変わらないっ!!

 

これなら毎日飲めるし、
食事中でもごくごくいけちゃうくらい美味しいよ♪

 


 

 

味に関してはティーライフのたんぽぽ茶が圧勝でした!!

 

 

たんぽぽの根って苦くて飲みにくいのが特徴なのですが、

 

ティーライフのたんぽぽ茶だけは
この飲みにくいたんぽぽの根を飲みやすくするために
焙煎した黒豆などを使用し、

 

母乳育児のママが毎日飲み続けられるよう
飲みやすさを徹底的に追求したたんぽぽ茶となっています^^

 

 

 

またティーライフのたんぽぽ茶には
他とは違い鉄分が豊富に含まれています。

 

 

たんぽぽ茶にブレンドされてある醗酵ギンネムというものには
鉄分のほかにカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

 

 

 

鉄分量を比較してみると…

 

ほうれん草100g⇒3.7mg

 

醗酵ギンネム100g⇒105mg

 

と、ほうれん草の約28倍もの鉄分を含む優れものです^^

 

 

鉄分豊富な醗酵ギンネムを
たんぽぽの根とブレンドしてあるので
1日必要な鉄分量をたんぽぽ茶で補給することが出来ます。

 

 

ティーライフのたんぽぽ茶を飲めば
母乳量を増やすために必要な【水分】と【鉄分】が
同時に摂取することが可能なんですよ!

 

 

鉄分をサプリメントで補給するよりも
ずっとお得ですよね^^

 

 

たんぽぽ茶を飲んでどのくらい母乳の量が増えたの?

わたしが胸が張らないと感じたのは
生後2ヶ月のときでした。

 

3日前まで胸が張っていたのに、
急に胸が張らなくなり、授乳後子どもの機嫌が悪くなりました…。


 

「もしかして…母乳が足りてない?」と思い、
ミルクを作って飲ませてみると…ゴクゴク飲んでいました…。

 

 

あぁ…、胸が張らなくなったのは母乳が減ったんだ…
このとき気づきました。

 

 

それからいろんなことをしてみました。


 

おもちを食べれば母乳が出るようになる!と
義母に言われ、おもちを食べると乳腺炎になり…。


 

授乳前におっぱいマッサージをしたりしましたが
あまり効果は感じられませんでした…。


 

かといって母乳外来に毎週通うだけのお金もなく、

 

和食中心にしようと思っていましたが、
子どものことで精一杯で栄養バランスを考えた食事は摂れず…。

 

 

栄養バランスとは程遠い卵かけごはんや納豆ご飯ばかり
食べていました…。


 

 

もっと簡単に母乳量を増やす方法はないのか?
調べてたどり着いたのが【たんぽぽ茶】でした。

 

 

 

わたしはすぐにティーライフのたんぽぽ茶を購入しました。

たんぽぽ茶を飲んだことがなかったので
10日間お試しパックを購入してみました。

 

 

実際にたんぽぽ茶を作って飲んでみました!

香ばしい匂いで麦茶みたいにごくごく飲めました^^

 

 

おすすめの飲み方は
授乳後にたんぽぽ茶を飲むこと!

 

たったこれだけでした^^


 

どんなに忙しくても
授乳後にお茶を飲むくらい出来ますよね!

 

1パック500mlのたんぽぽ茶が出来ますから、
水筒にたんぽぽ茶を入れてすぐに飲めるようにしておきました。

 

 

 

 

たんぽぽ茶を飲み始めて10日後。

 

いつものように授乳をしていると…
なんと授乳しながら寝ちゃったんです!!

 

 

いつもなら授乳が終わったら泣くので
ミルクをあげるんですが…。

 

眠かったのかな?と思い、
次の授乳までしばらく休んでいました。

 

 

次の授乳後、
今まで授乳後はミルクをちょうだい!と泣いていた子どもが
ニコニコしてわたしを見ていました。

 


 

そう!!
もうミルクを足さなくても母乳だけで
子どものお腹を満たすことが出来たんです^^

 

 

実際にどのくらいの量が出るようになったんだろう?と
搾乳して調べてみると…

 

たんぽぽ茶を飲む前→50ml

 

たんぽぽ茶を飲み始めた後→105ml

かなりの量が出るようになっていました^^

 

 

こんなに出ているなら
ミルクを足さなくても大丈夫ですよね^^

 

 

 

一時は胸が張らなくなっていたんですが、

 

母乳が出るようになったら
胸が張るようになってきました。

 

 

やっぱり胸が張らなかったのは
母乳が出なくなっていたんだな…と痛感しました。

 

 

 

 

たんぽぽ茶を飲み始めてからというもの、

 

■胸が張らないことで母乳が足りてない?と心配することがなくなった

 

■ミルクを足さなくて良くなった

 

■子どもも母乳だけで満足するようになり機嫌が良くなった

 

■「母乳出てないの?」と外野にうるさく言われなくなった(笑)

 

■妊娠中に増えた体重が元に戻った(嬉しい副産物!)

 

たんぽぽ茶を飲んでいいことだらけでしたよ^^

 

ティーライフのたんぽぽ茶の値段はどうなの?

 

いくらティーライフのたんぽぽ茶が飲みやすくて
母乳の出がよくなるからといって

 

金額が高かったらちょっと躊躇してしまいますよね…。

 

 

そこで実際に飲み比べて比較した
3社のたんぽぽ茶の値段を比較してみました。

 

ティーライフ 森下薬農園 小川生薬
1袋の値段 2,062円(30パック入) 2,376円(30パック入) 1,200円(12パック入)
1日あたりの料金 約69円 約79円 約100円
1ヶ月あたりの料金 2,062円 2,376円 3,600円

 

 

 

お財布に優しいのはティーライフのたんぽぽ茶でした!

 

 

さらにすごいことが!!

 

それぞれ1パックあたりのお湯の量が

 

森下薬農園→200ml
ティーライフ→500ml
小川生薬→140ml

 

と違うため、
コスパでもティーライフが1番!ということになります^^

 

 

500mlのペットボトル1本は160円しますが、
ティーライフは500mlで79円ですから
どれだけ安いのかがお分かりいただけると思います。

 

 

コンビニでペットボトル飲料を毎日買うぐらいなら、

 

1日たったの79円で母乳が出るようになり
ミルク代がかからなくなるので
ティーライフのたんぽぽ茶は家計費の節約にもなるんですね!

 

 

 

たんぽぽ茶の味・効果をまずは試してみたい!というあなたのために
通常は1袋30パックで販売しているたんぽぽ茶を
10日間お試しパック(10パック入り)で730円とお得に試すことができます^^

 

 

またお試しパックを利用してみて
「やっぱり味が合わなかった…」などがあれば
購入から30日間であれば返金・返品保証つきですので損することなくお試しできます。

 

 

また返金・返品保証つきは【公式サイト限定特典】ですので
こちらの公式サイトからお求めくださいね^^

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

ティーライフ公式サイトはこちら

 

 

ティーライフのたんぽぽ茶ってどこで買う?

 

ティーライフのたんぽぽ茶は楽天・アマゾンでも購入できますが、
お試し用のたんぽぽ茶が購入できるのは【公式サイトのみ】となっています。

 

 

 

通常は1袋30パック入りですが、
お試し用は10パック(10日分)入りです。

 

一度たんぽぽ茶の味を試してみたい!
たんぽぽ茶の効果を感じてみたい!という方は
ぜひお試しパックの購入をオススメします^^

 

 

料金は730円(税込)とお手ごろな値段!!

 

1日あたり73円と通常パックよりもさらにお得になっています!

 

しかも送料無料です。

 

 

 

それに安心なところは、
返品・返金制度がついているところ!

 

たんぽぽ茶を飲んでみて、
味が美味しくない…。わたしには合わなかった…
と感じれば返品OK!返金OK!という他にはないシステムです。

 

 

返品の際の返送料はティーライフの会社がすべて負担してくれます。

 

 

 

■母乳量が減っていないか心配だ…

 

■もっと母乳の量を増やしたい

 

■ミルク混合から完母にしたい

 

■胸が張らなくなったのを改善させたい

 

■夜中のミルク作りから開放されたい!

 

■ミルク代を子どもの教育費として貯金したい!

 

■母乳が出ないことを責めてくる旦那・義両親・実両親を黙らせたい!

 

 

どれかひとつでも当てはまるのであれば
一度たんぽぽ茶を試してみる価値はありますよ^^

 

 

◆公式サイト限定特典◆

 

・たんぽぽ茶10日分お試しパックを限定販売

 

・価格は730円(税込)

 

返品、返金保証制度あり

 

・返品の場合、返品送料はティーライフがすべて負担

 

 

母乳育児に悩んでいるママは
一度このたんぽぽ茶を試してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 


 
トップページ お問い合わせ プライバシーポリシー